日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎感染研が濃厚接触者の定義を変更
医療従事者が濃厚接触者になった際は検査実施求める

 国立感染症研究所は2020年4月20日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者について、発熱や咳、呼吸困難などの症状が出る2日前から感染可能期間と変更。合わせて、患者との濃厚接触者となる人について、これまで2mとしていた目安の距離を1mに短くすると同時に15分以上の接触という時間の目安も示した。

 今回、感染研が示したのは疫学調査を行うための実施要項。COVID-19の症状として、示されたのは発熱、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐。また、濃厚接触者として、(1)患者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者、(2)適切な感染防護無しに患者を診察、看護もしくは介護していた者、(3)患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者、(4)1m程度の距離で必要な感染予防策なしで患者と15分以上の接触があった者――の4つの条件を示した。

 濃厚接触者に発熱や呼吸器症状が発現した場合は医療機関受診の前に保健所へ連絡し、検査の対象者とする。無症状の場合は検査は実施せずに経過観察を行うとする一方、医療従事者など、ハイリスク者に接する機会のある業務に従事している場合や、疫学調査が必要と判断された場合は可能な限り検査を実施すると明示された。

この記事を読んでいる人におすすめ