日経メディカルのロゴ画像

Ann Intern Med誌から
マスクはSARS-CoV-2の伝播を防げない可能性
サージカルマスクでも咳に含まれるウイルスを閉じ込められない

 呼吸器ウイルス感染症の患者がマスクを着用すれば、感染を広げるリスクは低下すると考えられている。SARS-CoV-2の場合もマスク着用が有効なのかどうかは明らかではなかった。韓国University of Ulsan College of MedicineのSeongman Bae氏らは、ソウル市内の病院に入院したCOVID-19患者4人を対象に実験を行い、サージカルマスク、布マスクのいずれも、患者の咳に含まれるウイルスを閉じ込められないことを示唆する結果をAnn Intern Med誌電子版に2020年4月6日に報告した。

 これまでに行われた研究は、インフルエンザウイルスの伝播予防におけるサージカルマスクとN95マスクの有効性は同等であることを示していた。ゆえにサージカルマスクは、SARS-CoV-2の伝播も予防できると考えられている。しかし、COVID-19パンデミックはサージカルマスクとN95マスクの不足を引き起こし、現時点では、代用品として、布製のマスクに関心が集まっている。

 著者らはソウル市内の2病院で、COVID-19と診断されて陰圧室に入院している4人の患者に協力してもらい、使い捨てのサージカルマスクと、再利用可能な綿100%の布マスクのSARS-CoV-2フィルタリング効果を評価することにした。

この記事を読んでいる人におすすめ