日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎耳鼻咽喉科学会が新型コロナウイルス感染拡大を受け啓発
嗅覚・味覚障害では2週間自宅療養を

 新型コロナウイルス感染症COVID-19)の症状として、嗅覚・味覚障害が知られるようになり、同症状を訴える患者の来院により、院内感染のリスクが高まる危惧がある。そのため、日本耳鼻咽喉科学会は3月末、一般に向けて、嗅覚・味覚に異常を感じた場合、2週間自宅で療養するといった対応方法をホームページ上で公開した。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ