日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎COVID-19にどう立ち向かうか
COVID-19への抗ウイルス療法はどう行うべき?
ファビピラビルの開発に携わった白木公康氏(千里金蘭大学副学長・富山大学名誉教授)に聞く

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による感染症(COVID-19)は世界的な広がりを見せ、感染者数は爆発的に増加している。我が国でも、首都圏で外出自粛要請が出され、緊急事態宣言も発出された。そんな中、ファビピラビル(アビガン)やレムデシビルなどに対して、COVID-19治療薬としての効果が期待されて治験が進められており、早期の薬事承認を目指す方針を政府が明らかにした。これらの治療薬の可能性や、SARS-CoV-2の感染様式、重症化のメカニズムなどについて、長年、ウイルス研究に従事し、ファビピラビルの開発にも携わった千里金蘭大学(大阪府吹田市)副学長・富山大学(富山県富山市)名誉教授の白木公康氏に聞いた。


この記事を読んでいる人におすすめ