日経メディカルのロゴ画像

トピック◎新型コロナウイルス感染症・国の対応
相談・受診の目安、「2条件がそろう」は間違い

 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部は3月22日、各都道府県に対し、新型コロナウイルス感染症の相談・受診の目安として示した「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く」と「強いだるさや息苦しさがある」の2条件は、どちらか一方が該当する場合であることを改めて周知した。

 同省は2月17日付で、「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について」と題する通知を発出(表1)。その中で、帰国者・接触者相談センターに相談する際の目安として、「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く」と「強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある」を列挙し、この2つのいずれかに該当する場合に、センターに相談するよう求めていた。

 これに対して、この2条件がそろわないと相談できないと受け止められているのではないかとの指摘があったことから、今回の通知を発するに至った。目安として正しいのは、これら2条件がそろった場合でなく、「どちらかの条件にあてはまる場合」であると説明している。

表1 新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

この記事を読んでいる人におすすめ