日経メディカルのロゴ画像

リポート◎会長が語った第81回日本血液学会学術集会“部分中止”の教訓
「学会の主催者には危機管理対策が必要だ」

2020/03/26
⼩崎丈太郎=⽣命科学・医療記者

 2019年の第81回日本血液学会学術集会は、会場があった東京を直撃した台風19号のため、部分的な中止を余儀なくされた。新型肺炎感染の拡大に伴い学術集会・大会の中止、延期が相次いでいるが、今後学会はこうした不測の事態を考慮していく必要があり、日本血液学会の経験は貴重だといえる。会長を務めた小松則夫氏(順天堂大学医学部内科学血液内科主任教授)に当時を振り返ってもらった。


この記事を読んでいる人におすすめ