日経メディカルのロゴ画像

寄稿◎一救援者の体験から(2)クルーズ船での新興感染症対応から学ぶこと
支援活動はいかに困難なものだったのか
事態の複雑さ、情報の少なさからの困難さと日々の改善の繰り返し

2020/03/18
山畑 佳篤(京都府立医科大学救急医療学教室)

写真1 大黒埠頭に停泊中のダイヤモンド・プリンセス号

 以下の内容は、日本DMATの一員として、ダイヤモンド・プリンセス号(以下DP号)に関わる医療支援活動の中で個人的に経験・見聞したことを皆さんと共有するために記します。一個人の体験・感想ではありますが、実際に救援に携わった者の生の声で伝えることに意味があると考え、発信します。いかにこの支援活動が困難なものであったかの一端でも伝われば、とも思っていますし、この体験は各医療機関での対応準備にも役立つ面があると思います。個人としての活動概要やDP号での検疫結果については(1)をご参照ください。

この記事を読んでいる人におすすめ