日経メディカルのロゴ画像

Lancet Oncology誌から
癌の病歴がある患者はCOVID-19のリスクが高い
1月末までの診断確定例で癌の病歴を調べた中国の研究

 中国広州医科大学のWenhua Liang氏らは、COVID-19の診断が確定した患者の症例を分析して、癌の病歴がない患者と癌患者や癌サバイバーのリスクを比較し、癌患者は一般の人よりも感染や重症化するリスクが高かったと報告した。結果はLancet Oncology誌電子版に2020年2月14日に掲載された。

 癌患者はCOVID-19を発症しやすく、予後は不良な可能性がある。癌そのものまたは癌治療により、免疫抑制状態が起こりやすいためだ。そこで著者らは、COVID-19確定例に含まれていた癌患者または癌の既往が有る患者を同定し、癌患者ではないCOVID-19確定例と特性を比較することにした。

 著者らは、中国全土のCOVID-19症例を監視する前向きコホート研究を行い、2020年1月31日までに、575病院に入院した確定例2007人の情報を収集した。既往歴に関する情報が不十分だった417人は分析対象から除外した。

 1590人中18人(1%、95%信頼区間0.61-1.65)が癌を経験していた。2015年の中国の疫学統計による癌発症率である0.29%(人口10万人当たり285.83)よりも、COVID-19確定例に占める癌患者の割合は高かった。

 18人中2人は治療に関する詳しい情報が得られなかったが、16人中4人(25%)が、COVID-19発症前の1カ月間に癌に対する化学療法または手術を受けていた。残りの12人(75%)は、初回治療を終了した癌サバイバーで定期的にフォローアップ中の状態だった。

 癌ではないCOVID-19患者に比べると、癌患者は高齢(平均年齢は63.1歳と48.7歳)で、喫煙歴を持つ人が多く(22.2%と6.8%)、頻呼吸(47.1%と23.5%)、ベースラインのCT所見で重症と診断された割合が多かった(94%と71%)。男女の比率や頻呼吸以外の初期症状、併存疾患については、癌患者とそれ以外の患者に差は見られなかった。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ