日経メディカルのロゴ画像

トレンド◎新型コロナウイルス感染症・日本の現状
「新たな段階」示唆する患者の報告続く
感染経路が不明、全国で少なくとも11例

 日本の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が新たなフェーズに入ったことを示す症例報告が続いている。中国の流行地との接点が確認できず、感染経路が明らかでない患者は、2月13日に4例の報告があって以降、14日から17日かけて東京都で4例、愛知県、北海道、和歌山県から1例ずつの計11例に上っている。

 図1は、国内で確認された患者(クルーズ船の患者は除く)の推移だ。発症日ベースで見たものだが、2月17日時点で67例(うち無症状12人)が確認されている。このほか、クルーズ船の集団感染で454人が確認され、日本のCOVID-19患者は計521人となった。

図1 日本国内のCOVID-19感染例の推移(発症日ベース。クルーズ船の症例は除く)

この記事を読んでいる人におすすめ