日経メディカルのロゴ画像

NEJM誌から
米国で最初の新型肺炎患者の症例報告
最初は軽度で発症から9日目に肺炎に進行し12日目から治癒に向かう

 中国湖北省武漢市で発生した2019-nCoV感染症は瞬く間に世界に広がった。米国CDCのEpidemic Intelligence ServiceのMichelle L. Holshue氏らは、米国初の2019-nCoV感染確定例について、疫学的、臨床的な特性をNEJM誌電子版に2020年1月31日に報告した。患者は、受診時には軽症だったが、発症から9日目に肺炎に進行した。患者が下痢をした時点で採取した便標本にも2019-nCoVは検出されたが、血清標本からはウイルスは検出されなかった。治療には、エボラウイルス用の治験薬が実験的に投与された。

 2020年1月19日、35歳の男性がワシントン州スノホミッシュ群の救急診療所を訪れた。4日前から咳と発熱があり、受診時にはマスクを着用していた。待合室で約20分待った後に診療室に入った。患者は旅行で武漢市を訪れ、1月15日にワシントン州に戻ったことを明らかにした。CDCが発表した、中国での新型肺炎発生に関する注意喚起を見たために受診した、と申し出た。

 患者には高トリグリセリド血症以外の病歴はなく、健康で非喫煙者だった。受診時の体温は37.2度、血圧は134/87mmHg、心拍数は110回/分、呼吸数は16回/分で、室内気での酸素飽和度は96%だった。肺の聴診ではrhonchiが聴取されたが、胸部X線画像には異常は見られなかった。インフルエンザの迅速検査はA型もB型も陰性だった。鼻咽頭スワブを検査室に送り、核酸増幅試験で呼吸器感染症の原因になり得るウイルスの検出も試みたが、インフルエンザ、パラインフルエンザ、RSウイルス、ライノウイルス、既知の4種類のコロナウイルス(HKU1、NL63、229E、OC43)はどれも陰性だった。

 患者の渡航歴に基づいて、医師たちは地区と州の保健局に報告し、そこからCDCの危機対応センターに報告された。患者自身は、武漢市滞在中に華南海鮮市場には行かず、病人と接触した覚えもなかったが、CDCは2019-nCoV感染の有無を検査することにした。患者の血清と鼻咽頭スワブおよび口腔咽頭スワブを採取した後に患者は帰宅し、地区の保健局の能動的監視の下に自宅隔離とされた。

この記事を読んでいる人におすすめ