日経メディカルのロゴ画像

medRxivから
2月4日までに武漢市の20万人が感染すると予測
2019-nCov感染症の流行予測、感染確認患者は実際に感染している人の5%と推定

 英国Lancaster大学のJonathan M. Read氏らは、20年1月24日にmedRxivに公開した2019-nCov感染症に関する予測をアップデートし、第2版として1月27日に公開した。medRxivは、ヘルスサイエンス領域のプレプリントサーバーで、Cold Spring Harbor Laboratory (CSHL)、Yale大学、BMJが資金を提供し、CSHLが運営している。この論文もプレプリントであり、査読は受けていない。

 中国の武漢で最初の患者が見つかってから、新型コロナウイルス(2019-nCov)の感染は速やかに広がり、中国以外の国と地域でも発症者が報告されている。

 1月24日に公開された第1版は、1月21日までのデータに伝搬モデルを適用して分析し、基本再生産数(R0)は3.8(95%信頼区間3.6-4.0)で、人口1100万人の武漢市では、2019-nCov感染者の5.1%(4.8-5.5)しか同定されておらず、1月1日から21日までに、実際には1万1341人(予測区間9217-1万4245)が感染していたと予測した。流行が衰えることがなければ、2月4日までに武漢市の19万1529人(予測区間13万2751-27万3649人)が感染していると推定された。また、武漢市からの人の移動を制限し、実際に移動を99%減らせたとしても、2月4日までに武漢市以外の中国国内の感染者は24.9%しか減らせないと予想していた。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ