日経メディカルのロゴ画像

解説◎中国武漢発の新型コロナウイルス感染症
新型肺炎入院患者の調査が明らかにしたこと
発症時の症状、発熱が98%、咳が76%、筋肉痛または疲労も44%

写真1 新型コロナウイルス(2019-nCoV)の透過型電子顕微鏡像(IVDC-China CDC via GISAID)

 新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染症の臨床的な特徴が明らかになってきた。中国武漢市の調査チームが、1月2日までに入院した患者で2019-nCoV感染と確認された41人を調べた結果、発症時の症状は発熱が98%、咳が76%、筋肉痛または疲労が44%に認めた。

連載の紹介

シリーズ◎新興感染症
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する話題を中心にお届けしています。

この記事を読んでいる人におすすめ