日経メディカルのロゴ画像

シリーズ◎大腸癌を征圧せよ
T1癌のリンパ節転移を予測するAI、多施設研究へ

 現行の大腸癌治療ガイドラインでは、内視鏡的切除された大腸T1癌(粘膜下層にとどまっている癌、SM癌)が、その病理組織学的診断において(1)組織型、(2)脈管侵襲、(3)簇出、(4)SM浸潤度1000μm──の4つのリンパ節転移リスクのうち、1つでも陽性であった場合には、追加外科切除を考慮するとされている(図1)。

 しかし、実際に外科手術された患者の組織を検討したところリンパ節転移の陽性率は2割にも満たず、さらに「SM浸潤度1000μm以上」の1項目だけが陽性の場合、リンパ節転移陽性率は1.4%程度でしかないことが大腸癌研究会のプロジェクト研究で示されている。8割以上の患者はリンパ節転移が実際にはなく、追加腸切除は結果的に「過剰な治療」となってしまう(関連記事:SM癌に対する追加腸切除は必要か?)。

図1 内視鏡的切除後のT1癌の治療方針(大腸癌治療ガイドライン2019年版より引用、)
(画像をクリックすると拡大します)

連載の紹介

シリーズ◎大腸癌を征圧せよ
早期に発見し、早期に治療すれば治癒するのが大腸癌。内視鏡検査・治療や外科手技の進歩によって5年生存率の改善が進むが、高齢化の進展、外科医不足、内視鏡検査への忌避感など、まだまだ課題も少なくない。大腸癌の征圧を目指した最新の取り組みを紹介する。

この記事を読んでいる人におすすめ