日経メディカルのロゴ画像

NEWS◎臨床研修制度と専門医制度が影響か
博士号を取得する慶應大卒医師は20年で半減

 医師が大学院に進学しなくなり、研究を行わなくなったと言われて久しい。だが、実際にどの程度の医師が大学院に進学したかについてまとめた研究は少ない。慶應義塾大学医学部医学教育統轄センター教授の門川俊明氏が慶應大学医学部での博士号取得の状況を1997年と2017年とで比較したところ、1997年には慶応大医学部の卒業生の約8割が博士号を取得していたのに対し、2017年にはその割合は45%まで減っていたという。誌上開催となった第52回医学教育学会で門川氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ