日経メディカルのロゴ画像

◎研究編
論文の質と量の低下は研究費不足だけのせい?

論文の質と量の低下は研究費不足だけのせい?の画像

 日本の基礎研究は、年々競争力を失っていることが問題となっている。臨床研究についてはかろうじて国際競争力を保っているように見えるが、その実情は苦しい。背景には、研究を“片手間”で行ってきたことのツケも見え隠れする。

連載の紹介

特集◎大学再編時代
2018年、国立大学協会は複数地域にまたがった大学運営や付属病院の経営の独立性や自立性を求めていくことを公表。大学は統合再編の時代を迎えつつある。

この記事を読んでいる人におすすめ