日経メディカルのロゴ画像

トレンド◎非癌性呼吸器疾患の緩和ケアはどう行う?【気管支拡張症編】
気管支拡張症の緩和ケアは排痰に力点を

 持続する気道感染や膿性痰を伴う咳嗽が患者にとって大きな苦痛となる気管支拡張症。他の非癌性呼吸器疾患と同様に早期からの緩和ケアが求められるが、わが国では気管支拡張症を疾患単位として扱ったガイドラインがなく、海外のガイドラインに準じて治療が行われているのが実情だ。一方、実地診療では気道クリアランス法などの排痰に力点を置いた緩和ケアが実施されており、その有用性が明らかになっている。


連載の紹介

シリーズ◎どうする? 人生の最終段階を迎える患者の診かた
人生の最終段階を迎える患者をどう診察していくべきか。

この記事を読んでいる人におすすめ