日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎患者の「死にたい」の背景にあるもの【せん妄編】
「死にたい」を真に受ける前にすべきこと
国立がん研究センター東病院精神腫瘍科長の小川朝生氏に聞く

 希死念慮や治療中止を訴える患者への対応の基本はまず傾聴と一般的には言われている。しかし、傾聴の前に医学的な介入が必要な場合もある。それは患者がせん妄を発症している場合だ。せん妄が希死念慮を引き起こすメカニズムやせん妄への対応法について、国立がん研究センター東病院の小川朝生氏に話を聞いた(文中敬称略)。


この記事を読んでいる人におすすめ