日経メディカルのロゴ画像

リポート◎多科の連携強化で難病を拾い上げ──筑波大の難病診療体制
そのHFpEF、二次性の精査が必要かも?
HFpEFに潜む心アミロイドーシス、ファブリー病を見逃さないために

「難病診療ネットワーク」を主導する筑波大の家田真樹氏

 有効な治療法が確立されていない左室駆出率が保たれた心不全(HFpEF)。しかし、HFpEFの中には治療介入できる二次性心筋症が潜んでいる場合がある。心アミロイドーシスやファブリー病による心肥大、心筋症はその最たる例だ。筑波大学附属病院では循環器内科教授の家田真樹氏主導の下、これらの疾患を拾い上げるための多科連携体制である「難病診療ネットワーク」を2018年に構築。近年、特異的な治療法が登場してきた両疾患を積極的に診療している。

連載の紹介

シリーズ◎心不全を克服せよ
心不全患者が急増する「心不全パンデミック」の到来に危機感が強まる中、新薬や最新技術の登場により心不全治療は大きく変わりつつある。令和時代の心不全治療、その最先端を追う。

この記事を読んでいる人におすすめ