日経メディカルのロゴ画像

インタビュー◎群馬県立心臓血管センターの安達仁氏に聞く
COVID-19下でも継続できる「自宅で心リハ」

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大によって緊急事態宣言が発出された際、多くの施設で外来心臓リハビリテーションも休止に追い込まれてしまった。この危機に対処するため、群馬県立心臓血管センターは動画『自宅でできる運動』を作成し、心臓リハビリの継続を図った。対応を主導した同センター心臓リハビリテーション部長の安達仁氏に、「自宅で心リハ」の意義を聞いた(文中敬称略)。

連載の紹介

シリーズ◎心不全を克服せよ
心不全患者が急増する「心不全パンデミック」の到来に危機感が強まる中、新薬や最新技術の登場により心不全治療は大きく変わりつつある。令和時代の心不全治療、その最先端を追う。

この記事を読んでいる人におすすめ