日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎第84回日本循環器学会学術集会(JCS2020)
心不全治療のターゲットとして腸内細菌酵素が有望か

 心不全の治療法開発において、腸内細菌の持つ酵素が新たなターゲットになるかもしれない。7月27日からオンライン開催された第84回日本循環器学会学術集会(JCS2020)で、心不全の増悪因子と考えられている腸内細菌関連代謝物トリメチルアミン-N-オキシド(TMAO)の生成経路のうち、腸内細菌のカルニチンTMAリアーゼが心不全患者の血中TMAO濃度に影響することが示された。神戸大学循環器内科の山下智也氏が発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ