日経メディカルのロゴ画像

特集◎新型医療訴訟がやって来た《3》画像診断報告書見落とし
見落としは99.9%医療側の過失、どう対策する?

 画像診断に対する放射線科読影リポートの記載を主治医が見落とし、治療が遅れたことで患者側から訴えられる事案が近年、見られるようになってきた。報告書見落としの経緯がどうであれ、原則、「見落とした」という医療側の過失は免れることができないと考えてよさそうだ。訴訟を起こされる前に、先手を打った対応が求められる。


連載の紹介

特集◎「新型」医療訴訟がやって来た
近年、医療訴訟を担当する弁護士の顔ぶれが変わり、裁判の審理にも影響が及んでいる。また、訴訟の内容についても、これまであまりなかったタイプのものが見られるようになった。医療訴訟の最新のトレンドを紹介する。

この記事を読んでいる人におすすめ