日経メディカルのロゴ画像

特集◎「新型」医療訴訟がやって来た《1》変容する医療訴訟の相手方
増加中の「新顔」弁護士は手強い?それとも…
患者側協力医にも変化、過失を特定できず訴訟が長引くケースも

増加中の「新顔」弁護士は手強い?それとも…の画像

 近年、医療訴訟において医療機関側が相対することになる、患者側弁護士やその協力医の顔ぶれが大きく変化している。手強い「新顔」弁護士や協力医の意見書に苦戦を強いられることもあれば、逆に無理筋ともいえる提訴で患者側が過失を絞り込めず、訴訟がずるずると長期化してしまうケースも。以前は見られなかった新型の医療訴訟の相手方、その実像とは──。

この記事を読んでいる人におすすめ