日経メディカルのロゴ画像

特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《7》
「抗菌薬不足」に解決策はあるか?

 セファゾリンやその代替抗菌薬の供給不足が続いている。背景には、相次ぐ薬価引き下げなどによる後発品の収益性悪化という構造的な問題が潜む。フォーミュラリとは違う意味で、医師の処方が制限されつつある。


連載の紹介

シリーズ◎薬が自由に使えなくなる日
フォーミュラリーとは推奨標準治療薬のこと。「医療機関において医学的妥当性や経済性等を踏まえて作成された医薬品の使用方針」と定義されている。先行して取り組んだ施設、地域ではフォーミュラリーの作成により処方動向に変化が起きている。具体的にどんな変化が起こるのか。その影響を追った。

この記事を読んでいる人におすすめ