日経メディカルのロゴ画像

リポート◎ 赤痢アメーバ症を疑え(その1)
赤痢アメーバ症、潜在患者は梅毒並み!?
迅速抗原検査が今年7月に保険適用を獲得

 先進国では性感染症(STI)の一種として問題視されている赤痢アメーバ症アメーバ赤痢)。軽度の下痢のみで自然軽快する症例も多く、水面下での感染拡大が危惧される。本来、内服薬で治癒する感染症だが、診断の遅れにより死亡する例もある。赤痢アメーバ症はどんなときに疑い、どう診断すべきなのだろうか。


連載の紹介

シリーズ◎見逃し厳禁!話題の病気
マスコミ報道などで最近話題になった疾患や病態について、日常診療での見逃しを防ぐための「診断のポイント」を専門医が解説します。

この記事を読んでいる人におすすめ