医師と患者とのコミュニケーションは古くて新しい問題だ。コミュニケーションにまつわるトラブル事例について、昔と今で違いはあるのだろうか。1990年より患者からの電話相談を受け、92年からは模擬患者活動も手掛けてきた、ささえあい医療人権センターCOML理事長の山口育子氏に話を聞いた。

増えてきた患者への“丸投げ”クレームの画像

ログインして全文を読む