患者が望む終末期医療の実現の手段として注目を集めるアドバンス・ケア・プランニング(ACP)。その必要性を早くから説いてきた函館稜北病院(北海道函館市)副院長の川口篤也氏に、医師と患者のコミュニケーションのあり方について聞いた。

医師の“思い”が患者を動けなくするの画像

ログインして全文を読む