多額の医療費を使う透析医療は医療費総額を押し上げるものとしてやり玉に挙げられることが多いが、34万人もの臓器不全患者の命を救っていることに腎臓/透析医はもっと胸を張ってよい。患者を救うことと医療費がかかることは別の問題であろう──。長年、透析医療や透析にしない治療を手掛けてきた新北九州腎臓クリニック理事長・院長の海津嘉蔵氏は言う。

34万人の臓器不全患者を救っていることに胸を張れの画像

ログインして全文を読む