公立福生病院(東京都福生市)で、腎臓病患者が血液透析治療を中止する選択をし、その後、死亡に至ったとする報道を機に非難や責任を追及する声が広がった。このときポイントとなった「透析を中止する(見合わせる)」という選択については、日本透析医学会が2014年に「維持血液透析療法の開始と継続に関する意思決定プロセスについての提言」をまとめ、発表している。長年透析医療を手掛け、この提言の作成に関わった春日井市民病院(愛知県春日井市)の渡邊有三氏に、透析医療の進歩と限界、患者・家族との関わりについて聞いた。

透析見合わせを患者と話すときに医療者が心がけるべきことは?の画像

ログインして全文を読む