公立福生病院(東京都福生市)で、腎臓病患者が人工透析治療を中止する選択をし、その後、死亡に至ったとする報道を機に非難や責任を追及する声が広がった。矢面に立たされた病院側は会見を開き、医師らが再三、治療継続の必要性を説明したにもかかわらず、女性患者(当時44歳)が透析を拒否していたことを明かした。

病院側が語った「透析中止」の真相の画像

ログインして全文を読む