バイオニック医療がさらに進めば、障害の克服に近づく可能性がある。当事者は、その技術の進歩をどう受け止めているのだろうか。視覚障害当事者で、障害学を専門とする社会学者として国の障害者政策にも関わる静岡県立大学の石川准氏に聞いた。

バイオニック医療はユーザーとして評価したいの画像

ログインして全文を読む