重症心不全に対して、ポンプ本体を体内に埋め込んで心臓の機能を補う「植込み型補助人工心臓」。現在の適応は心臓移植の待機登録をした患者で、移植までのつなぎとしてしか使用できないが、あと1年ほどで移植適応外の患者にも保険適用される見込みだ。一方、適応拡大によって「死ぬまで使う」医療機器になることを想定すると、新たな課題も見えてきた。

補助人工心臓が「死ぬまで使う」医療機器にの画像

ログインして全文を読む