日経メディカルのロゴ画像

学会トピック◎第34回日本糖尿病合併症学会
腎障害を進行させないが蛋白質を制限しない食事とは?

腎障害を進行させないが蛋白質を制限しない食事とは?の画像

 一般に慢性腎臓病(CKD)患者では低蛋白質食が推奨されるが、近年、低蛋白質食は栄養障害やサルコペニア、フレイルを介してQOLや生命予後の低下につながりかねないと指摘されている。低蛋白質食が腎障害を進行させない機序を解明すれば、栄養障害を回避しつつ腎障害を進行させない食事療法になる。

この記事を読んでいる人におすすめ