日経メディカルのロゴ画像

特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《6》
現場から見る新専門医制度1年目の問題点

現場から見る新専門医制度1年目の問題点の画像

 2018年4月の新専門医制度開始から1年。症例数の確保や院内外の連携体制確立など新制度の研修への対応に追われ、思うように専攻医を確保できなかった医療機関も少なくない。そんな中、13領域で38人の専攻医を確保した倉敷中央病院(岡山県倉敷市、1166床)は、新専門医制度でも順調な滑り出しを見せたいわば“勝ち組病院”。だが指導医からは、新制度を「客観的な評価の下で専攻医の基礎力を高められるようになった」と高く評価する一方、抜け道の多さや現場の負担増加に対する不満の声も上がっている。

この記事を読んでいる人におすすめ