日経メディカル Onlineはこの夏、2018年度診療・介護報酬改定が及ぼす影響について特集を組んだ(記事一覧はこちら)。その1つ、「7対1看護から降りる病院、現場から反発も」では、急性期病院の入院料の抜本的な見直しに伴う、病棟再編の動きをリポートした。

2018年度改定でも全然減っていない7対1病院の画像

ログインして全文を読む