2018年度診療報酬改定で、ついにオンライン診療料などが新設された。医療現場における課題解決につながるとの期待がある一方で、現場からは算定条件に対する不満の声もあがっている。さらなる普及のためには、オンライン診療の有効性を現場から示していく必要がありそうだ。

厚労省、オンライン診療の不適切事例への指導を強化の画像

ログインして全文を読む