日経メディカル Onlineが実施した「院内トラブルへの対応体制に関する調査」から、患者とのトラブルや院内でのハラスメントが発生した際に、相談できる窓口や担当者が「決まっていない」または「分からない」という医師が5~6割に上ることが分かった。また、窓口はあっても、その相談先がパワハラを行う張本人であるなど、運用に問題があるとの指摘も目立った。

パワハラの張本人がハラスメント委員長!?の画像

ログインして全文を読む