メニエール病の診療が変わってきた。2017年に診断基準が改定されたほか、2018年にはメニエール病の難治性めまいを対象とした非侵襲中耳加圧装置が承認され、1800点の指導管理料も決まった。こうした変化を受けたメニエール病診療の最新動向について、富山大学耳鼻咽喉科頭頸部外科学講座教授の將積日出夫氏に聞いた。

メニエール病診療に新たな選択肢登場の画像

ログインして全文を読む