日経メディカルのロゴ画像

シリーズ◎座談会「心不全緩和ケア時代と医師の役割」《1》
心不全緩和ケアは普及期に入りました

 心不全の緩和ケアがガイドラインで心不全診療の重要な柱と位置付けられ、今春の診療報酬の改定では末期心不全の緩和ケア加算が新設された。2018年は心不全緩和ケアの幕開けの年とさえ言われる今、先陣を切って心不全緩和ケアの領域を牽引してきた医師4人に、現状と今後の課題について話し合っていただいた(4回に分けてお届けいたします)。

この記事を読んでいる人におすすめ