日経メディカルのロゴ画像

厚労省、DPC機能評価係数IIを据え置き
看護必要度などの施設基準の経過措置も再延長へ

 厚生労働省は2021年3月10日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響等を踏まえた対応で、2021年3月31日までとされていた「重症度、医療・看護必要度」等の施設基準に関する経過措置の期限を9月30日まで再延長することを提案し、了承された(前回の延長に関する記事はこちら)さらに厚労省は同日、施設基準等で前年1年間の診療実績が要件となる地域医療体制確保加算等の項目も9月30日までは2019年の実績値による判定を可能とすること、DPC/PDPS(診断群分類別包括評価支払制度)機能評価係数IIを現行係数で据え置くことも合わせて提案し、了承された。

この記事を読んでいる人におすすめ