日経メディカルのロゴ画像

シリーズ◎2020診療報酬改定
【内科系】FreeStyleリブレ、仮想気管支鏡、抗菌薬チェッカーボード法などが保険適用に
大腸カプセル内視鏡の適応拡大、クライオバイオプシー、左心耳閉鎖術の項目も新設

 3月に2020年度診療報酬改定に関する省令、告示類が発出され、改定項目の具体像が明らかになった。医療技術の進歩に対応して、新たな技術料が設けられたり、逆に古い技術は評価が見直されたりしている。ここでは各診療科ごとに現場の医師が押さえておきたい臨床分野の改定項目を紹介する。前編は内科系診療科、後編は外科系やその他の診療科、検査分野についてまとめた。


この記事を読んでいる人におすすめ