日経メディカルのロゴ画像

シリーズ◎2020診療報酬改定
機能強化加算、患者への事前説明の要件化が議題
「紹介状なし」の大病院受診時定額負担はさらに対象拡大か

機能強化加算、患者への事前説明の要件化が議題の画像

 厚生労働省は10月30日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催し、2020年度診療報酬改定に向けて外来診療の評価の在り方を議論した。2018年度診療報酬改定で、かかりつけ医機能を評価する目的で新設された「機能強化加算」については、支払い側の委員が算定要件に含まれる院内掲示の内容や方法を見直し、文書を提示しながら患者に説明するよう要望。これに対して診療側の委員は「負担が大き過ぎる」と反論した。議論を受けて今後何らかの見直しがされそうだ。

 機能強化加算(80点)は、適切な診療を行うほか、疾病や健康などに関する相談に継続的に応じ、必要に応じて専門医を紹介する「かかりつけ医機能」を評価する点数。地域包括診療料・加算など関連する報酬を届け出た医療機関が初診時に算定できる。

この記事を読んでいる人におすすめ