日経メディカルのロゴ画像

シリーズ◎2020診療報酬改定
初・再診料は5.5%、急性期一般入院料は4.8%引き上げ
中医協・医療機関等における消費税負担に関する分科会

 中央社会保険医療協議会診療報酬調査専門組織医療機関等における消費税負担に関する分科会」は1月9日、2019年10月の消費税率引き上げ(8%から10%)に向けた診療報酬での対応における財源配分の考え方について議論した。各報酬項目への上乗せ率として、初・再診料は5.5%、入院料では急性期一般入院料が4.8%、地域一般入院料が4.0%などとする案が示された。委員から目立った反対意見は出ず、厚労省は16日の中医協総会に報告する。

 2014年4月の消費税率引き上げ(5%から8%)に伴う改定後、補填状況にばらつきが生じていたことから、2019年10月の改定では2014年4月の増点分を含めた「消費税率5%から10%の部分」について上乗せ率を決め、配点する方針だ(関連記事:2019年10月の消費増税に伴う対応を議論)。そのため、今回示された上乗せ率は2014年4月の消費税率引き上げに伴う改定前の点数に対する上乗せ率となる。

 初・再診料の上乗せ率については、無床診療所の課税経費率(2016年度実績)と収入に占める初・再診料のシェア(2016年度実績)を基に5.5%とする案が示された(図1)。

この記事を読んでいる人におすすめ