中央社会保険医療協議会の診療報酬調査専門組織「医療機関等における消費税負担に関する分科会」は11月21日、2019年10月に控える消費税率引き上げ(8%から10%)に向けた対応方針をまとめた議論の整理案を分科会長一任でまとめた。同日の分科会で出た意見や要望を反映し、12月の中医協総会に報告する。

 厚労省は同日の分科会に議論の整理案を提示。2019年10月の消費税率引き上げに伴う改定では、2014年4月の消費税率引き上げ(5%から8%)の部分を含めた「消費税率5%から10%の部分」について、補填状況を是正する配点とする方針が示された。2014年4月の改定の補填状況にばらつきが生じていることを受けての対応となる。

消費税率引き上げに向けた議論を取りまとめの画像

ログインして全文を読む