日経メディカルのロゴ画像

入試不正、聖マリの第三者委員会が“黒”判定
大学側は現在も不正を否認、追加合格などの対応はなし

 聖マリアンナ医科大学は2020年1月17日、2015年度から2018年度の入学試験で女性と浪人生に対する不適切な得点操作があったとする第三者委員会の調査報告書を公表した。残されていた2次試験合格者の資料や入試管理システムから差別的な取り扱いがあったと位置付けた。ただし、大学側は不正を否認しており、追加合格などの対応は行わない。

この記事を読んでいる人におすすめ