日経メディカルのロゴ画像

新型コロナ流行下で、もし大規模災害が起こったら…
感染対策をしつつも急性期は人命救護を最優先に
まとめ:コロナ下の災害医療における三大原則

震災に加え台風や豪雨などの自然災害が地球温暖化の影響を受けて増加している。災害発生時は、COVID-19の感染拡大を防ぐため、標準予防策を徹底し、患者受け入れ時は感染リスクに合わせたゾーニングが新たに必要となる。コロナ流行下での有事を想定した事業継続計画(BCP)の作成も進めたい。

図1 2018年に地球温暖化の影響を受けた国ランキング(出典:Global Climate Risk Index 2020)

この記事を読んでいる人におすすめ