日経メディカルのロゴ画像

決定! 2021年度介護報酬改定◎地域密着型サービス、特定施設
グループホームで夜勤配置を一部緩和
『日経ヘルスケア』2021年2月号より

2021/03/01
日経ヘルスケア

 小規模多機能型居宅介護の基本報酬は各要介護度で一律0.6%程度アップする。改定に向けた議論の際、要介護1~5で大きい単価差の縮小を求める声があったが、見送られた。看護小規模多機能型居宅介護の基本報酬の引き上げ幅は一律0.3%程度だ。

 両サービス共通の改定項目として、認知症行動・心理症状緊急対応加算(200単位/日)の創設がある。認知症の行動・心理症状を示す高齢者の在宅生活が困難になり、緊急の短期利用居宅介護の利用が適当と医師が判断した場合、7日間を限度に算定可能だ。また、登録者以外の短期利用居宅介護の算定ルールも見直される。「登録者数が定員未満であること」の要件を削除し、登録者へのサービス提供に支障がなければ、宿泊室に空きがある場合に算定可能になる。

この記事を読んでいる人におすすめ