日経メディカルのロゴ画像

決定! 2021年度介護報酬改定◎全体動向
科学的介護情報システム「LIFE」運用開始へ
『日経ヘルスケア』2021年2月号より

2021/02/22
日経ヘルスケア

 2021年度介護報酬改定の改定率は+0.70%。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大という状況下で議論が進み、2018年度改定を上回るプラス改定となった。

 介護職員の人材不足という以前からの課題に加え、COVID-19による介護事業経営への影響を踏まえ、ほとんどのサービスの基本報酬は引き上げられる。その分、改定の第1の柱として位置付けられた「感染症や災害への対応力強化」において、感染症対策の強化と業務継続に向けた取り組みの強化を全サービスに課す(表1)。業務継続計画(BCP)の策定、委員会の設置や研修・訓練など、こうした運営コストの増加分を基本報酬の引き上げ分で賄うことを介護事業者は求められる。

表1 2021年度介護報酬改定の5つの柱と項目(出典:2020年12月23日社会保障審議会・介護給付費分科会「令和3年度介護報酬改定に関する審議報告」)

この記事を読んでいる人におすすめ