今年4月の診療報酬改定では、病床再編や外来機能の見直しなど、医療機関に変革を迫る様々な点数が新設、改変された。今回取り上げるのは、働き方改革関連の項目だ。放射線科や病理科では、ICTを活用して勤務医が自宅で診断する場合の要件が設けられ、柔軟な働き方が可能になった。

柔軟な働き方を支援、「自宅読影」の要件緩和もの画像

ログインして全文を読む