2018年度診療・介護報酬同時改定では、医療機関の変革を促す様々な項目が新設・改変された。外来分野では診療所や中小病院の「かかりつけ医機能」の評価が拡充。グループ診療を行ったり、算定が難しいとされる「地域包括診療料」を上手に活用して高齢者を診るなど、様々な形でかかりつけ医機能を高めているクリニックの事例を紹介する。

 2018年度診療報酬改定のテーマの1つが、「外来の機能分化」の推進だ。国は、大病院の外来に軽症患者が殺到するというミスマッチを防ぐ目的から、日常的な医学管理は基本的に中小病院や診療所のかかりつけ医が行い、大病院は紹介患者を中心に診るという機能分担を進めるための政策誘導を行ってきた。

かかりつけ医の普及に本腰、でも1人開業医は…の画像

ログインして全文を読む