日経メディカルのロゴ画像

特集◎2018年度診療・介護報酬改定のインパクト《1》
救急病院が勤務医による在宅医療を重視する理由

 2018年度診療・介護報酬同時改定では、病床の機能分化やかかりつけ医機能の強化、医師の業務効率化など、医療機関の変革を促す様々な項目が新設・改変された。今改定によって診療体制や医師の働き方はどう変わるのか。第1回は「200床未満の急性期病院の勤務医」に焦点を当て、改定のインパクトを検証する。


この記事を読んでいる人におすすめ